人材育成 NLP心理学

人材育成論

人材育成 NLP心理学

NLP心理学とは、コミュニケーション能力を高める分野で活躍します。
今までの人生経験でプログラミングされたものを反復して行動する。
これは人間だと言われていますが、そのプログラミングを組み立てなおすという意味があります。
自己開発や自分に変革を起こすことが、他人とコミュニケーションを円滑に進める方法として人材育成にも効果があると言われています。

例えば、NLP心理学には"代表システム"という理論があります。
人は物事を捉えるときに五感を使います。
その中でも人間は「視覚」「聴覚」「身体感覚」を特に使うと言われています。
この3つの中でも捉える時によく使う感覚というのがあり、それは人によって違うものです。

それが"代表システム"と言われています。

例えば、この代表システムが視覚タイプの人だとします。
この場合、同じ視覚タイプの人はとても話が合うという現象が起こるのです。
逆に代表システムが違うもの同士の場合は、ミスコミュニケーションに繋がるケースがとても多いです。

つまり、相手の代表システムを掴むことができれば、何事もスムーズにコミュニケーションが取れるというわけです。

これは上司が部下を観察し、適切なコミュニケーションを取れることが人材育成の能力に繋がってきます。
NLP心理学とは、コミュニケーションスキルをあげるものであり、様々な分野で注目されています。

管理人

copyright(C)人材育成論